ちょっと待った!パソコンを選ぶ前に知っておくこと

使用目的をハッキリさせよう

パソコンの購入を考えた時、まずハッキリさせたいのは使用目的です。ホームページの巡回や文書作成、年賀状の作成などが主な目的であれば、購入時に店頭で販売されているどのパソコンを選んでも大きな問題はありません。性能が低い(価格が安い)機種でも役割を果たせます。 パソコンの使用目的がゲームや動画編集の場合は注意が必要です。3D表示のゲームや動画編集はパソコンにとって重労働のため、ある程度は性能のよいパソコンを選ばなければいけません。性能が低いパソコンでは不可能とは限りませんが、動作が遅いなど快適さが犠牲になります。選びにくい場合は、使いたいソフトの動作環境を調べて、それに合う機種を販売店のスタッフに紹介してもらいましょう。

パソコンを使う場所を想像しよう

パソコンの購入前に、どのような場所で使うのかをハッキリさせておきましょう。具体的には、家の中だけで使うのか、外に持ち出すのかを確定させます。 家の中だけで使うなら、デスクトップパソコンでもノートパソコンでもかまいません。ノートパソコンが欲しいなら、画面が大きめなタイプを選ぶと作業の効率が上がります。注意が必要なのは、外に持ち出す場合です。この場合はノートパソコンに限定されます。性能だけではなく本体の重量もチェックしてください。移動手段が徒歩や電車なら、できるだけ軽い機種がおすすめです。車移動なら、少々重い機種でも問題ありません。軽い機種は画面が小さい傾向があります。自宅などでの作業で効率を高めたいなら、別売りのディスプレイを接続すると広い画面が手に入るのでおすすめです。

© Copyright PC Profiles. All Rights Reserved.